夏バテを解消するには?原因と対策方法まとめ

なぜ夏バテになるのか?

夏になると、日差しが強くなり、猛烈な暑さによって夏バテになりやすい季節です。
夏バテは、なりやすかったりなりにくかったりと、個人差はありますが、体に様々な影響を与えます。

まずは、なぜ夏バテになるのでしょうか?
原因は主に4つ挙げられます。

栄養不足

夏は暑くなり、食欲が低下するため、食べる量が落ちる時期になります。
体内に摂取する栄養分が全体的に減り、栄養が不足しがちです。

また、暑さによって胃の消化機能が低下します。
頑張って多く食べても、そもそも栄養の吸収率自体が落ちてしまっています。

栄養が摂取しにくく、栄養不足になりやすくなります。

水分不足

暑い日差しや高い気温によって、よく汗をかきます。
それにより、体内の水分やミネラルが放出されます。

実際に汗をかいたと感じていなくても、背中や脇などから汗をかいていたりします。
体内の水分が少なくなり、水分不足の状態になります。

それが続き、さらに水分不足が悪化すると、脱水症状になります。

寝不足

暑さによって、夜中に眠りから覚めてしまうことがあります。
深い睡眠に入りづらいため、睡眠効率が落ちる季節です。

朝起きたときにすっきりと起きれず疲れているという場合もあります。
体をしっかりと休めることができずに、疲れをためてしまいます。

自律神経のバランスが崩れやすい

夏にエアコンをつけるのが当たり前となっています。
街中のお店に入ると、寒いくらいガンガンとエアコンをかけているところもあります。

しかし、涼しい場所から暑い外へ出ると、急激な温度変化となります。
この急激な温度変化が体への負担となります。

これを何度も繰り返すことで、自律神経が機能しづらくなります。

 

夏バテの症状

夏バテになると、いろいろな症状が出てきます。
体への影響だけでなく精神的な影響もあります。

身体的疾患は、夏風邪やむくみ、立ちくらみや食欲低下、疲れやすくなる、イライラしやすくなるなどが挙げられます。
精神的疾患は、うつ病や無気力状態になりやすくなります。

特に、夏バテによって発症するうつ病は、「夏季うつ」などと呼び名があるほど、影響があることが知られています。

 

夏バテを解消するにはどうする?

夏バテを解消する方法として、食事・睡眠・運動の3つがポイントとなります。
その中でも、特に簡単で効果的な食事を見直すことがおすすめです。

バランスの良い食事心がけ、栄養素の多いものを積極的に摂取する必要があります。
その中で、特に効果を発揮するのが「お酢」です。

 

お酢で夏バテ解消できる理由

お酢は健康な調味料として昔から親しまれてきました。
それほど、良い効果があることがわかっています。
▶︎ 【保存版】お酢がもたらす効果まとめ!

様々な効果がある中で特に効果がある点をピックアップしました。

食欲増進効果

お酢は、唾液を多く分泌させる効果があります。
多量に分泌されることで、味覚や嗅覚を呼び戻すことができ、食欲中枢に直接働きかける効果が表れます。

そうすることで、働きが鈍っていた食欲中枢も活発にさせることができ、食欲が増してきます。
夏バテ解消の根本となる、栄養素の多く摂取することができるようになります。

▶︎ お酢はなぜ食欲増進効果があるのか?

 

消化機能の向上

お酢にはクエン酸が多く含まれています。
このクエン酸は、炭水化物の消化を助ける働きがあり、エネルギーにしてくれます。

暑さで胃の消化機能が低下している時にお酢をとると効果は大きいです。
逆にクエン酸が不足すると、エネルギーがうまく作れず、気力が低下し、疲れやすくなります。

お酢を摂取することでクエン酸の働きを活発にさせることができます。

おすすめのお酢の摂り方は、お酢ドリンクです。
毎日、一定の決まった量を摂取できるため効果が期待できます。

飲みやすく効果的なお酢ドリンクを比較しているので興味がある方は、こちらの記事をどうぞ。
▶︎ 飲むお酢ドリンクのおすすめランキングTOP10!

 

コメントを残す