ストレスによる不眠で悩んでいませんか?お酢が解消できる効果

現代は、社会の急速な成長によりライフスタイルも多様化しています。
仕事や人間関係がうまくいかずにストレスを抱え込む人が多くなっています。

ストレス社会とも言われるほど、ストレスが多い時代になっています。
溜め込んでしまうと体に様々な悪影響をもたらします。

  • 自律神経に異常をきたし、胃酸の分泌が悪くなり胃や腸にかいようができる
  • 精神バランスが崩れ、うつ病などの精神病を引き起こす
  • 消化器官に支障をきたし正常に働かなくなる
  • 神経が高ぶり寝つきが悪くなる

上記に挙げたような悪影響が出てきます。

あなたがストレスによって寝付けが悪く、疲れが取れないと感じているのは気のせいではありません。
ストレスによって、睡眠の質が低下し、寝ているのに疲労回復していない状況になります。
自分にあてはまっているかもという方は、なんらかの工夫や対処が必要です。

お酢のストレス解消の効果

ストレスを発散することは、健康な体づくりにとってとても大切です。
お酢jは健康な体への影響だけでなく、ストレスにも効果的であることがわかっています。

自立神経のバランスを整える

梅干しやレモンは健康食品と言われています。
その理由として、酸味の原料となるクエン酸がたくさん入っているからです。

このクエン酸には、体に良く、ストレスを解消する効果があると研究で明らかになっています。
ストレスによって崩れた自律神経のバランスを整えてくれます。

お酢は、このクエン酸と体の中でクエン酸に変わる酢酸が主成分です。
そのため、たっぷりとクエン酸を摂取することができます。

イライラをやわらげる

カルシウムが不足するとイライラしやすくなります。
ストレスが溜まっていると、ちょっとしたことに対しても怒りっぽくなります。

その場合にはカルシウムを摂取するように意識しましょう。
しかし、もともとカルシウムは体に吸収されにくいとされています。

お酢には、カルシウムを効率良く吸収するサポートをしてくれます。
鶏肉や魚などのカルシウムが多く含まれる食品とお酢・お酢ドリンクを組み合わせることで、イライラをやわらげる効果が表れやすくなります。

カルシウム不足を解消するにはお酢とカルシウムを摂取すべき!

お酢の快眠を促す効果

お酢にたくさん含まれているクエン酸は、胃腸の消化を助け、胃腸の傷を回復させる効果があります。
また、神経をしずめて落ち着かせる働きもあります。

これらの効果によって、ぐっすりと眠りやすくなります。
寝る前に大さじ一杯程度のお酢を摂取できるように、お酢ドリンク飲むとぐっすり眠りやすくなります。

「そんなに大して効果は変わらないだろう。」と思いがちですが、実際にやってみると、次の日の朝が全然違います。

それでも眠れないという人は、お酢を使ったメニューを用意して晩酌するというもの効果的です。
適度なアルコールで睡眠作用を促すことができます。

 

コメントを残す