【柑橘王国】伊予柑の飲む酢のレビュー!実際に買ってみた!

飲むお酢ドリンクの中でも人気のある「柑橘王国」シリーズ。
今回は、いろいろな味がある中から、伊予柑のレビューしていきたいと思います。

実際の飲み心地はどんな感じなのでしょうか。

柑橘王国 伊予柑の特徴

シンプルな美味しさを追求

柑橘王国の商品はシンプルな美味しさを追求しています。
果汁や果肉、果皮を煮詰めて、お酢を混ぜるだけのシンプルな作り方です。

柑橘の持つ風味が生きる製法を心がけて作られています。

 

体に優しい素材

柑橘は愛媛県産の国産を使用しています。
「ナチュラル&シンプルな美味しさ」を生み出す果実を選別して残ったもののみを使っています。

また、柑橘以外の材料も国産にするこだわりを持っています。
飲むお酢ドリンクは、人工的な成分がいろいろ入っているものが多いですが、柑橘王国は体に優しく、安心して口に運べる飲む酢です。

 

柑橘王国シリーズの種類が多い

柑橘王国は、伊予柑の他に、ゆず、青みかん、ブラッドオレンジなどがあります。
柑橘の中から一番好きな商品を選ぶことができます。

 

ギフト用としても最適

ギフト用として箱に3本や5本入った飲むドリンクセットも販売しています。
のしやメッセージカードをつけるサービスも行っています。

 

柑橘王国 伊予柑を飲んでみた!

柑橘王国 伊予柑の飲む酢が到着しました。

ダンボールの中から取り出します。
細長いビンに入っていて、おしゃれな感じがします。
見た目がいいため、ギフトとして送るのもとても良いですね。

裏面には、いろいろな情報が記載されています。
含まれている原材料は以下のようになります。
余計な成分がほとんど含んでいないため、とても体に良いことがわかります。

伊予柑果汁(愛媛県産)、果糖ブドウ糖液糖、リンゴ酢、はちみつ(国産)

薄める目安としては、「お酢 : 水 = 1 : 4」が目安のようです。
内容量は1本あたり200mlと少なめですが、薄める割合が高いので、その分長持ちします。

飲む酢 伊予柑の100gあたりの栄養成分はこのようになっています。

最初に開封する時は、まずキャップのフィルムを剥がしていきます。

キャップを開けると栓がしまっているため開けていきます。
この飲む酢は、細長いビンに入っているため、力のない女性でも片手でしっかりと抑えながら開けれます。
誰でも簡単に、こぼさず開けることができます。

今回は、希釈目安通りの「お酢 : 水 = 1 : 4」で作ってみました。
作っているときに、伊予柑の甘みがわかるかわからないか程度にほんのり香ります。

薄めてみても黄色のあざやかな色をしています。

色が透けていないのむお酢ドリンクは珍しいですね。
よく見ると果肉のようなものが見えるので、しっかりと伊予柑そのものの素材を生かしているように感じます。

 

飲んでみた感想

作ってみた飲む酢を口の中に入れると、伊予柑の甘みが広がります。
まろやかな甘みでツンとするような感覚が一切ありませんでした。

果汁100%のオレンジジュースに近い風味で、素材にこだわっているというのも納得できます。
素直においしいと感じます。

また、後味に少しお酢の酸味を感じます。
酸っぱさがあまり得意でない人にも飲みやすいと思います。

ただ、一本200mlのため、少し単価が高めかなという印象です。
1 : 4 で薄められるため、それほどコスパは悪くないですが。

200mlだけでなく560mlのサイズもあります。
気に入った場合には、こちらを買うと長持ちします。

味に関して、一切不満がないくらいの味わいでとても飲みやすいです。
とても完成度の高いお酢ドリンクでした。

→ 尾崎食品 柑橘王国 飲む酢 伊予柑 200ml

 

コメントを残す