DIDYCOで販売されている2種類の飲むお酢の感想をレビュー!

DIDYCO飲むお酢ゆず味

DIDYCOで販売されている飲むお酢の、実際の飲み心地はどうなのでしょうか?
飲んだ感想について、レビューしていきます。

 

DIDYCO 飲むお酢の特徴

 

種類が豊富

DIDYCOで販売されている飲むお酢は、「ゆず・ブルーベリー・レモン」の3種セットがスタンダード商品です。

DIDYCO飲むお酢のスタンダード3種セット
それに加えて、飲む酢パークリングという炭酸の飲むお酢が販売されています。

こちらは、「ゆず・ブルーベリー・れもん・黒酢」の4種類が販売されています。
最大7種類の飲むお酢を楽しむことができます。

 

原料にこだわっている

飲むお酢の原材料は、国産の果実を使用しています。
厳選された果実を選ぶことで、より美味しい飲むお酢を実現しています。

また、化学調味料や合成保存料などは一切配合していないようです。
体によいお酢の効果を引き立たせることができます。

 

DIDYCO 飲むお酢のレビュー

商品到着

DIDYCOの飲むお酢のスタンダードセットは、「ゆず・ブルーベリー・レモン」の3種類ですが、今回はお手軽の「ゆず・レモン」の2種セットをレビューします。

到着した飲むお酢は、落ち着いているデザインで、ギフト用にもできそうです。

DIDYCO飲むお酢ゆず味レモン味が到着

ラベルの側面には、飲むお酢の詳細情報が載っています。

まず、ゆず味の飲むお酢ですが、徳島県産のゆず100%の果汁をベースに作られています。
風味豊かで飲みやすい飲むお酢と紹介されています。

毎日30mlを目安に飲むと良いようです。
DIDYCOの飲むお酢は、3倍濃縮タイプなので、水を60ml入れた90mlが飲む量の基準となります。

内容量は270mlなので、1本あたり9日分、3本スタンダードセットで約1か月分となります。

原材料はとてもシンプルで、体に悪い無駄な成分は取り除かれています。

DIDYCO飲むお酢ゆず味の飲み方

レモン味の詳細情報は、ほとんどゆずと同じになっています。
この飲むお酢の場合、広島県産レモンの100%の果汁をベースに作られています。

こちらも、ゆずと同じく1日30mlを目安にとると良いようです。

レモン味の飲むお酢も、原材料はとてもシンプルに作られています。

DIDYCO飲むお酢レモン味の飲み方

また、栄養成分の表示は少しだけ違いがあります。
ゆずの栄養成分はこんな感じです。

DIDYCO飲むお酢ゆず味の栄養情報

レモンの方が、熱量と炭水化物が若干少ないですが、ほとんど同じと言えるでしょう。

DIDYCO飲むお酢レモン味の栄養情報

この飲むお酢を飲む際には、上部の蓋を開ける必要があります。

DIDYCO飲むお酢を開封

栓を抜くのが硬いため力が必要ですが、取れた勢いで飲むお酢がこぼれないように注意しましょう。

DIDYCO飲むお酢を飲んでみる

 

飲んでみた感想

まずは、ゆずの飲むお酢から最初に飲んでみます。

お酢:水=1:2の割合で薄めていきます。

DIDYCO飲むお酢ゆず味を作る

ゆず味の飲むお酢を飲んでみると、とても飲みやすい飲むお酢という印象を受けました。

甘みがありますが、ゆず独特のくせがあまりなく、さわやかなすっきりとした味わいです。

とても飲みやすく、素直に美味しいと感じます。

また、お酢の酸味も感じることができます。

酸味よりも甘さの方が強いため、酸味が苦手な方でも飲めると思います。

DIDYCO飲むお酢ゆず味を飲んだ感想

レモン味の飲むお酢も、ゆずと同じ方法で飲むお酢を作ります。

DIDYCO飲むお酢レモン味を作る

レモン味の飲むお酢を飲んでみると、こちらもさっぱりとしていて飲みやすい印象がありました。

このレモン味の飲むお酢は、酸味が強くなっています。

後味に、お酢とレモンの酸味が残る感じがあります。

酸っぱいものが好きな方に好まれそうな飲むお酢です。

DIDYCO飲むお酢レモン味を飲んだ感想

どちらもとても飲みやすく、人工甘味料などを使っていないということに驚かされます。

ただ、1本で9日分しか入っていない点が物足りなさがあります。

とはいえ、この2種類の飲むお酢だけでも美味しく飲むことができました。

ブルーベリーも気になるところですが、味にバリエーションがある方が毎日楽しみながら続けることができるでしょう。

▶︎ のむ酢セット(柚子・檸檬・ブルーベリー)

 

コメントを残す