DIDYCOで販売されている2種類の飲むお酢の感想をレビュー!

DIDYCO飲むお酢ゆず味

DIDYCOで販売されている飲むお酢の、実際の飲み心地はどうなのでしょうか?
飲んだ感想について、レビューしていきます。

 

DIDYCO 飲むお酢の特徴

 

種類が豊富

DIDYCOで販売されている飲むお酢は、「ゆず・ブルーベリー・レモン」の3種セットがスタンダード商品です。

DIDYCO飲むお酢のスタンダード3種セット
それに加えて、飲む酢パークリングという炭酸の飲むお酢が販売されています。

こちらは、「ゆず・ブルーベリー・れもん・黒酢」の4種類が販売されています。
最大7種類の飲むお酢を楽しむことができます。

 

原料にこだわっている

飲むお酢の原材料は、国産の果実を使用しています。
厳選された果実を選ぶことで、より美味しい飲むお酢を実現しています。

また、化学調味料や合成保存料などは一切配合していないようです。
体によいお酢の効果を引き立たせることができます。

 

DIDYCO 飲むお酢のレビュー

商品到着

DIDYCOの飲むお酢のスタンダードセットは、「ゆず・ブルーベリー・レモン」の3種類ですが、今回はお手軽の「ゆず・レモン」の2種セットをレビューします。

到着した飲むお酢は、落ち着いているデザインで、ギフト用にもできそうです。

DIDYCO飲むお酢ゆず味レモン味が到着

ラベルの側面には、飲むお酢の詳細情報が載っています。

まず、ゆず味の飲むお酢ですが、徳島県産のゆず100%の果汁をベースに作られています。
風味豊かで飲みやすい飲むお酢と紹介されています。

毎日30mlを目安に飲むと良いようです。
DIDYCOの飲むお酢は、3倍濃縮タイプなので、水を60ml入れた90mlが飲む量の基準となります。

内容量は270mlなので、1本あたり9日分、3本スタンダードセットで約1か月分となります。

原材料はとてもシンプルで、体に悪い無駄な成分は取り除かれています。

DIDYCO飲むお酢ゆず味の飲み方

レモン味の詳細情報は、ほとんどゆずと同じになっています。
この飲むお酢の場合、広島県産レモンの100%の果汁をベースに作られています。

こちらも、ゆずと同じく1日30mlを目安にとると良いようです。

レモン味の飲むお酢も、原材料はとてもシンプルに作られています。

DIDYCO飲むお酢レモン味の飲み方

また、栄養成分の表示は少しだけ違いがあります。
ゆずの栄養成分はこんな感じです。

DIDYCO飲むお酢ゆず味の栄養情報

レモンの方が、熱量と炭水化物が若干少ないですが、ほとんど同じと言えるでしょう。

DIDYCO飲むお酢レモン味の栄養情報

この飲むお酢を飲む際には、上部の蓋を開ける必要があります。

DIDYCO飲むお酢を開封

栓を抜くのが硬いため力が必要ですが、取れた勢いで飲むお酢がこぼれないように注意しましょう。

DIDYCO飲むお酢を飲んでみる

 

飲んでみた感想

まずは、ゆずの飲むお酢から最初に飲んでみます。

お酢:水=1:2の割合で薄めていきます。

DIDYCO飲むお酢ゆず味を作る

ゆず味の飲むお酢を飲んでみると、とても飲みやすい飲むお酢という印象を受けました。

甘みがありますが、ゆず独特のくせがあまりなく、さわやかなすっきりとした味わいです。

とても飲みやすく、素直に美味しいと感じます。

また、お酢の酸味も感じることができます。

酸味よりも甘さの方が強いため、酸味が苦手な方でも飲めると思います。

DIDYCO飲むお酢ゆず味を飲んだ感想

レモン味の飲むお酢も、ゆずと同じ方法で飲むお酢を作ります。

DIDYCO飲むお酢レモン味を作る

レモン味の飲むお酢を飲んでみると、こちらもさっぱりとしていて飲みやすい印象がありました。

このレモン味の飲むお酢は、酸味が強くなっています。

後味に、お酢とレモンの酸味が残る感じがあります。

酸っぱいものが好きな方に好まれそうな飲むお酢です。

DIDYCO飲むお酢レモン味を飲んだ感想

どちらもとても飲みやすく、人工甘味料などを使っていないということに驚かされます。

ただ、1本で9日分しか入っていない点が物足りなさがあります。

とはいえ、この2種類の飲むお酢だけでも美味しく飲むことができました。

ブルーベリーも気になるところですが、味にバリエーションがある方が毎日楽しみながら続けることができるでしょう。

▶︎ のむ酢セット(柚子・檸檬・ブルーベリー)

 

朝起きられない人でも気持ち良く起きれる贅沢ブルーベリー酢の効果!

朝が起きられない理由

朝が苦手で起きられない。目覚ましを何個もセットしている。

という方はけっこういて、早起きがなかなかできない人が多いです。

その原因として、起きる気力が足りないからという単純な話ではなく、身体が起きる状態になっていないということです。
朝起きられない理由について、当てはまるものがあるのではないでしょうか?

疲労の蓄積

当たり前ですが、疲れが溜まりすぎているとなかなか起きることができません。
睡眠は体の疲れを取り、リセットする働きがあるため、しっかりと疲れが取れると起きやすくなります。

この疲れは、身体的疲労と精神的疲労のどちらも当てはまります。
特に精神的に疲れていたり、気力が低下している場合、なおさら朝起きられなくなります。

睡眠時間をしっかりと確保したり、疲れすぎない環境を作ることで負担が軽くなり、疲労がたまりにくくなります。

 

ホルモンの分泌不足

朝の目覚めに大きく関係しているセロトニンというホルモンがあります。
これが分泌されると精神を安定させる働きがあります。

また、朝の覚醒を促し、目覚めにつながります。
セロトニンは夜にはほとんど分泌されず、朝になるにつれて分泌量が増えていきます。

朝になってもセロトニンがあまり分泌されないと、目を覚ますことができず、朝起きづらくなります。
この分泌量には、体質によって違いがあるため、朝に強い人や弱い人などの個人差が出てきます。

朝日をしっかりと浴びて、軽い運動をするとセロトニンの分泌量が少しづつ増えていきます。

 

睡眠の質が悪い

眠りが浅く、睡眠の質が低いとしっかりと疲れを取ることができません。
朝になっても起きられなかったり、起きた直後なのに疲れを感じたりします。

これには、生活習慣が大きく影響してきます。
日光を浴びなかったり、夜遅くまで起きていると、体内時計に狂いが生じてきます。

そうすると、体内のホルモンバランスが崩れて、朝なのに体のホルモンバランスはまだ夜の状態になっていたりします。
この状態ではなかなか起きることは難しくなります。

運動や食事、寝る時間など、規則正しい生活習慣を意識する必要があります。

 

飲むお酢「贅沢ブルーベリー酢」が効果的な理由

疲労回復効果

疲労は、体内に疲労物質である乳酸がたまることで感じるようになります。
乳酸が増えれば増えるほど、疲れを感じ、溜まりすぎていると朝の目覚めに影響します。

お酢に含まれるクエン酸は、乳酸を分解する働きがあります。
お酢ドリンクを飲むことで、体内の疲労を分解して、疲労解消させる効果があります。

疲労のためすぎを解消して、朝の目覚めやすさをサポートします。

▶︎ お酢はどうして疲労回復効果が得られるのか?

 

快眠を促す

お酢は、深い睡眠を促す働きがあります。

含まれているクエン酸が、胃腸の消化を助け、胃腸の傷を回復させる効果があります。
また、神経をしずめて落ち着かせる働きもあります。

これらの効果によって、質の低い浅い睡眠ではなく、ぐっすりと眠りやすくなります。
睡眠の質を高めることで、朝の負担を減らすことができます。

▶︎ お酢はなぜ快眠効果があるのか?

 

贅沢ブルーベリー酢は成分が凝縮

お酢ドリンクである贅沢ブルーベリー酢には、クエン酸、リンゴ酸、酢酸の3つの酸が凝縮されています。
これにより、お酢の効果を最大限に発揮できます。

天然のビルベリーとハチミツのみで作られています。
ビルベリー発酵酢:40%、ビルベリー果汁:38%、ハチミツ:22%というバランスで原材料が入っています。

100%無添加で体に良い成分で作られています。
また、含まれているビルベリーは、多種多様のアントシアニンや抗酸化物質ポリフェノールがとても豊富です。

ビルベリーとお酢の高い栄養成分が相まって、高い効果が実現しています。

 

実際に朝の目覚めがぜんぜん違う

実際に飲んでみると分かりますが、朝の目覚めやすさが全く違います。
普段は朝に体が重くてなかなか布団に出られない状態になります。

しかし、贅沢ブルーベリー酢を前日に飲んでいると、朝の目覚めがよくなりました。
起きる時に体が軽く、スッキリとした朝を迎えることができます。

特に最初に効果を実感した時は驚きがあると思います。
タイミングとしては、前日の夜、睡眠の2~3時間前に飲んでおくと効果を感じやすいですので、おすすめです。

 

【ミツカン】トクホ黒酢ドリンクを飲んでみた感想は?

スーパーでも売られていて一度は見たことがある方が多いミツカンの黒酢ドリンク。
お酢ドリンクの中で、人気のある商品です。

実際にはどんな飲み心地なのでしょうか?

ミツカン 黒酢ドリンクの特徴

高血圧の方に最適

黒酢ドリンクの正面のラベルに「血圧が高めの方に」と大きく書かれています。
消費者庁に許可された特定保健用食品に認定されています。

ミツカン 黒酢ドリンクに、消費者庁許可の認定マークが載っています。
また、このお酢ドリンク自体、カロリーオフ(16kcal/1日分)に仕上げられています。

血圧の上昇を抑えて、食生活のバランスを整えることができるお酢ドリンクです。

 

国産黒酢でダイエット効果も

国産の黒酢を使用して作られています。
黒酢といえば、ダイエット効果が高いことも特徴の一つです。

高血圧だけでなくダイエットの効果も期待できます。

 

購入しやすい

大手食品メーカーであるミツカンから販売されている商品です。
そのため、スーパーやコンビニでも手に入れることができ、とてもお手軽です。

価格も安く、コスパの高いお酢ドリンクなので、購入しやすいです。

 

薄める手間も省ける

お酢ドリンクの場合は、3倍や5倍に水で薄めて飲む商品が多いです。

このミツカン 黒酢ドリンクは薄める必要がなくそのまま飲むことができます。
毎日毎日飲むとなると、この手間を省けるのは楽に感じて習慣化しやすくなるものです。

時間があまり取れない朝でも手軽にお酢を摂取できます。

 

種類の多いラインナップ

ミツカンにはさまざまなラインナップのお酢ドリンクが販売されています。
このペットボトルに入ったシリーズでも、リンゴ黒酢やざくろ黒酢、ブルーベリー黒酢などがあります。

合計約7種類もあるため、自分に合った飲むお酢ドリンクを探すことができます。

 

ミツカン 黒酢ドリンクを飲んでみた!

スーバーなどでも売っていますが、今回はネットで注文しました。

中からミツカンの黒酢ドリンクを取り出してみます。

お酢ドリンクは、ほとんどがビンに入っているため、ペットボトルで入っているのに違和感があります。
ビンでないため、とても扱いやすいですし、通販で購入する場合には配送で割れてしまう危険性もないので少し安心です。

1日あたり約100mlを目安に飲むと良いみたいです。
そのため、これ一本で10日分入っていることになります。

また、一度開封したら10日以内に飲むことを推奨されています。
1本あたり1000ml入っているため、開けたら1日1杯ずつ飲んでいくとぴったりです。

入っている原材料は、ラベルに記載されています。
りんご果汁などが入っていて、けっこういろいろなものが配合されています。

米黒酢、りんご果汁、ハチミツ、乳酸Ca、香料、クエン酸、炭酸K、ビタミンC、グルコン酸K、甘味料(スクラロース)

果汁は10%未満と記載されています。
お酢ドリンクはお酢などが含まれているため、果汁はこれくらいのものがとても多いです。

飲むときはペットボトルのキャップを外していきます。
一般的なペットボトルのため、冷蔵庫にも保管しやすいと思います。

キャップを開けると、黒酢ドリンクの香りがしてきます。
りんごの爽やかな香りと黒酢のコクがある香りが混ざりあっています。
香りとしては飲みやすそうな印象を受けました。

1日の目安である100mlはこのくらいの量です。
コップ一杯よりは少なめなので、たくさん飲まなくても効果が期待できます。

コップに入れるだけなのでとても簡単です。

色はきれいな黄金色をしています。
しっかりとした色合いが印象的です。

 

飲んでみた感想

口の中に入れると、りんご風味の甘酸っぱい味わいが広がります。
それと同時に、少しずつ黒酢のコクのあるマイルドな味わいを感じることができます。

さわやかな甘酸っぱさで飲みやすさがあります。
しかし、黒酢の中でもコクの強い米黒酢を使用しているためか、黒酢のコクもしっかりとしていました。

このコクは好き嫌いが分かれるポイントになるかなという印象です。

黒酢が苦手という方にはあまり向いていないと思います。
しかし、コクのある黒酢の味わいが好きな方や、なるべく安く手軽に飲みたい方にはいいお酢ドリンクと感じます。

1日に飲む目安量も多くないため、胃が弱い方でも刺激しない程度で飲むことができると思います。

体にさまざまな健康効果をもたらすお酢ドリンク。
安く手軽に習慣化しやすい商品でした。

ミツカン 黒酢ドリンク 1000ml

 

【キッコーマン】蜂蜜柚子酢のさわやかお酢ドリンクを飲んでみた!

キッコーマンから販売されている飲むお酢ドリンクは、種類は少ないですが、レビューではとても高評価を得ているのが一つの特徴です。

実際にはどんな感じでお酢を飲むことができるのでしょうか。
レビューをしていきたいと思います。

キッコーマン 蜂蜜柚子酢の特徴

さわやかな柚子酢

さわやかな朝の目覚めと健康的な食卓を応援する飲料として作られています。
ゆずの産地では、ゆずを搾った果汁を「柚子酢」として料理に利用したり、飲料として水やはちみつで割って飲むのが一般的です。

この「柚子酢」に、はちみつとビネガーを合わせて、飲みやすいさわやかな味わいを実現しています。
1びんにゆず6個分のたっぷりの果汁が入っています。

 

クエン酸が凝縮

柚子果汁にはクエン酸が多く含まれています。
クエン酸には、クエン酸サイクルを活発にする効果があります。

クエン酸サイクルとは、代謝活動のことで、これが活発だと健康な体を作ることができます。

また、クエン酸が体の中で変化して、疲れの元となる乳酸を分解してくれます。
そのため、疲労回復の効果もアップするなど、さまざまな体に良い効果をもたらします。

 

キッコーマンからのお手頃なお酢ドリンク

大手の食品メーカーからの商品です。
お手頃な価格と、親しまれやすい商品に仕上げています。

身近なメーカーのため安心感があります。

 

キッコーマン 蜂蜜柚子酢を飲んでみた!

キッコーマンの蜂蜜柚子酢を注文していたものが届きました。
Amazonの評価が4.5ととても高評価なので期待できます。

キッコーマンの蜂蜜柚子酢はこちらです。

5倍に薄めた時、果汁4%になるようです。
原液は、単純計算で果汁20%程度だとわかります。

入っている原材料はこのようになっています。
ゆず果汁やはちみつなどの他に、添加物が若干配合されているようです。

醸造酢、ゆず果汁、はちみつ、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

また、1本あたり500mlと結構多くの量が入っています。

30mlあたりの栄養成分はこのような記載がされています。
クエン酸が300mg配合されていて、たっぷり含まれていることがわかります。

一度開封した場合には、常温ではなく冷蔵庫の中で冷やす必要があります。
「開封後要冷蔵」とはっきりと記載されています。

飲むお酢ドリンクの作り方は、「お酢 : 水 = 1 : 4」を目安で紹介されています。
30mlの蜂蜜柚子酢と120mlの水で一杯分のお酢ドリンクを作ることができます。

ホットや焼酎割をおすすめする記載もあります。

蜂蜜柚子酢はビンに入っていて、キャップが付いています。

キャップを回して開けていきます。
特別な力も必要なく開けることができます。

キャップを外すと柚子のさわやかな香りがしてきます。
お酢の酸味や蜂蜜の甘さはあまり感じませんでした。

今回の薄め方はおすすめされている「お酢 : 水 = 1 : 4」で作りました。

お酢ドリンクを作る時も、さわやかな香りに癒されながら作ることができました。
白く薄くにごった液体になりました。

ビンに入っている原液の時よりも黄色の色合いがだいぶ弱くなりました。

 

飲んでみた感想

口の中に入れると、柚子のさわやかな味わいが口に広がります。
とてもさっぱりとしていて飲みやすい印象がありました。

また、柚子とお酢の酸味が組み合わさった酸っぱさがあります。
柚子のさわやかな味わいと酸っぱさでとてもおいしくいただきました。

酸味はけっこうあるため、ゴクゴクと飲めるタイプのお酢ドリンクではありません。

蜂蜜柚子酢と珍しい飲むお酢ドリンクですが、さわやかでとても飲みやすいです。
柚子は好き嫌いが分かれる味わいのため、柚子が苦手という方にはあまり向いていないかもしれません。

しかし、酸っぱいものや柚子・柑橘類が好きな方にはとてもおすすめのお酢ドリンクです。

価格もお手頃な価格のため、気になっている場合は一度購入してみるもの良いと思います。

▶︎ キッコーマン食品 蜂蜜柚子酢

 

mizkan 黒酢ぶどう&ベリーミックスのお酢ドリンクはどう?飲んだ感想まとめ!

大手食品メーカーのミツカンから販売されているお酢ドリンク。
ビネグイットシリーズはAmazonランキングで1位を獲得するなど、とても人気があります。

その中でも、今回は黒酢ぶどう&ベリーミックスを購入してみました。
実際のところはどんなものかレビューしていきます。

mizkan 黒酢ぶどう&ベリーミックスの特徴

ダイエット効果の高い黒酢

お酢の中で、最もダイエットの効果があると言われている黒酢を使用しています。
毎日お酢を取り続けることで少しづつ効果が表れるようになります。

お酢を調味料で使ってとると、毎日大変ですが、お酢ドリンクで飲んで一定量を摂取することができます。
すでにお酢ダイエットというダイエット法があるほど、効果があることがわかっています。

▶︎ お酢でダイエット!お酢の効果とおすすめ理由は?

 

飲みやすさを重視したお酢ドリンク

ぶどうやベリー系の果汁に加えて、甘味料を足して、おいしく飲みやすく仕上げたお酢ドリンクです
濃縮タイプですので、6倍にうすめてご使用ください。

コップ1杯180ml(本品30ml+水150ml)で約9mlの酢が摂れます。

業務用でお手頃の安さ

ミツカンの「黒酢ぶどう&ベリーミックス」は、「ビネグイット」というシリーズの中の一つのお酢ドリンクです。
このビネグイットは、お酢ドリンクの中でも業務用のものになります。

業務用なので、一本の量は多く、安く購入できます。
お酢ドリンクも毎日消費していくものなので、業務用の購入の方が最終的に安く済ませることができます。

スーパーなどでは売っていない場合が多く、通販では購入が簡単です。

ビネグイットシリーズの種類が豊富

お酢ドリンクは人によって好き嫌いが分かれやすいものもあります。
ミツカンの飲むお酢ドリンクは、他にも「グレープフルーツ&ソルトビネガー」「黒酢ざくろミックス」「はちみつ黒酢ドリンク」などなどいろんな種類があります。

その中でも「まろやかりんご酢ドリンク」はとても人気があります。
▶︎ 【ミツカン】まろやかりんご酢ドリンク(6杯濃縮タイプ)はおいしい?実際に飲んでみた感想をレビュー!

自分にあったお酢ドリンクを見つけることができます。

 

mizkan 黒酢ぶどう&ベリーミックスを飲んでみた

黒酢ぶどう&ベリーミックスを注文した翌日に発送され、すぐに到着しました。

こちらが今回レビューする飲むお酢ドリンクです。

ミツカンのビネグイットシリーズの一つです。
6倍濃縮タイプで、その際には果汁3%が含まれるようになっています。
計算すると、原液には果汁18%程度が含まれていることになります。

裏面のラベルには目安の薄め方の記載があります。
6倍濃縮タイプということもあり、やはり「お酢 : 水 = 1 : 5」となっています。

30ml+150mlの180mlで約9mlのお酢を摂ることができます。
1日に摂取すると良いと言われる量の約半分を摂ることができます。

また、黒酢ぶどう%ベリーミックスの原材料は、以下のようになります。

果糖ブドウ糖液糖、米黒酢、ぶどう果汁、りんご酢、クランベリー果汁、カシス果汁、いちご果汁、黒糖入り砂糖液、はちみつ、香料、酸味料、甘味料(スクラロース)

1本あたり、1000ml入っている大容量タイプでかなり長持ちします。

このお酢ドリンクは、ぶどうとベリーという味のため、水で薄めるだけではなく、他の使い方も紹介されています。

「サングリア風ビネガードリンク」や「黒酢ぶどうベリーチューハイ」など水以外で割っていたりします。

他にも、「鴨ロースのラズベリーソース」、「豆乳ブラマンジェ」など、飲料以外の使い方も紹介されています。
こういったアレンジした使い方ができると料理の幅もグンと広がりそうです。

飲むためには、まずキャップを開けていきます。
お酢ドリンクの容器をしっかりと押さえながらキャップを回していきます。

一番最初は、栓が開いていないため、開ける必要があります。
容器が1000mlで大きくて重いため、片手でしっかりと抑えながら栓を取ります。
特に女性の場合は、気をつけてやったほうがいいです。

栓を開けると、ぶどうジュースと言われても違和感がないくらいの甘い香りがしてきます。
お酢の酸味ある酸っぱい香りはほとんどありません。

今回は、目安通り、「お酢 : 水 = 1 : 5」で作りました。

 若干透き通っている紫色の液体となりました。

 

飲んでみた感想

甘い香りに反して、口に入れた時には、まずほんの少しお酢の酸っぱさを感じます。
ベリーの酸味と相まって、自然に味わうことができます。

また、その後から徐々に甘さを感じることができます。
甘い後味はとても飲みやすく、口の中がすっきりとしています。

全体的に、お酢の酸味を感じる部分がとても少なく、ぶどうジュースを飲んでいる感覚に近いです。
お酢ドリンクを飲み始めたいという方に、特におすすめです。
また、子供やお酢の酸味が苦手な方でもとても飲みやすいと思います。

また、価格が安いのに、これだけの飲みやすさがあると、続けて購入しやすいです。
定期便だと5%お得に買うことができるため、お酢の摂取を習慣化できている方はおすすめです。

▶︎ ミツカン 黒酢ぶどう&ベリーミックス 1000ml

 

【贅沢ブルーベリー酢】話題のお酢ドリンクを飲んでみた!

使用者からの評価がとても高い「贅沢ブルーベリー酢」。
飲み心地や効果はどんなものでしょうか。

実際に購入して飲んでみました。

贅沢ブルーベリー酢の特徴



ブルーベリーの王様「ビルベリー」をたっぷり配合

ビルベリーはヨーロッパの森林や草原などで野生に生育されています。
多種多様のアントシアニンや抗酸化物質ポリフェノールがとても豊富です。

アントシアニンは、目の疲れを取り、働きを良くしてくれる効果があります。
皮だけに含まれているブルーベリーと異なり、ビルベリーは果肉全体に含まれていて、その差は2倍以上あります。

また、ポリフェノールは、体内の活性酸素を取り除く効果があります。
そうすることで、肌の老化を防止し、うるおいのある肌にする美容効果があります。

お酢にも、このポリフェノールが配合されているため、高い美容効果が期待することができます。

 

お酢の効果を存分に引き出す

酢酸、クエン酸、リンゴ酸という3つの酸が含まれています。
絶妙なバランスで配合させることで、自然に体に調和する飲みやすい味を実現しています。

ビルベリーとお酢の高い栄養成分が相まって、お互いの効果をより引き出すことができます。
他では味わえないコクや香りの成分が濃縮され、とろりとした旨みがお酢そのものに詰まっています。

 

体に優しい100%無添加

天然のビルベリーとハチミツのみで作られています。
ビルベリー発酵酢:40%、ビルベリー果汁:38%、ハチミツ:22%というバランスで原材料が入っています。

また、香料や人工甘味料、酸味料などの人工添加物は一切含んでいません。
100%無添加の体に優しいお酢ドリンクです。

丁寧に手作り

贅沢ブルーベリー酢を作る工程で、一回も機械を使っていません。
お酢の醸造から手作りで行い、ゆっくりじっくりと手間をかけて作られています。

「大量生産していないため、品切れの際は予めご容赦ください」と公式サイトに掲載されているほどです。

 

贅沢ブルーベリー酢を飲んでみた!

公式サイトでのみ販売している商品のため、公式サイトで注文しました。
定期コースだと、初回半額で購入することができます。

2回目から定期コースをやめることができるので、試しに購入してみたいという方も、定期コースで購入するととてもお得です。

梱包はとても丁寧にされていました。
贅沢ブルーベリー酢が動かないようにしっかりと固定されています。

中には、広告が多く入っていました。
広告というよりは、贅沢ブルーベリー酢の効果や飲み方、サポートの電話先や使用者の体験談など、ためになるものがほとんどでした。
お酢ドリンクが初めてな方にも、とても親切に対応されている感じを受けました。

贅沢ブルーベリー酢と、小さい計量カップが付いてきました。
計量カップは30mlが計れるものです。

正面のラベルには、「ブルーベリーだけでお酢を作りました」というインパクトのある記載があります。

薄め方としては、「お酢 : 水 = 1 : 4」がおすすめされています。
一回あたり、5mlのお酢を使用するだけで効果が期待できるようで。
それだけ栄養がしっかりと凝縮されていることがわかります。

アイスクリームやヨーグルトなどにかけて食べるのもいいですね。
アレンジを効かせることで、さらに簡単に贅沢ブルーベリー酢を摂ることができます。

原材料名には、以下のように記載されています。
やはり、100%無添加の商品とあり、一切無駄な成分が入っていません。

果実酢(ブルーベリー)、ブルーベリー果汁、ハチミツ

一本あたり200ml入っています。
開封後は、しっかりと冷蔵庫の中で保管しましょう。

最初開封する際は、キャップを外し、栓を開ける必要があります。
雑にやると、栓の裏側についた原液が飛ぶので、慎重にやりましょう。

栓を開けると、ブルーベリーの甘酸っぱい香りがしてきます。
人工甘味料を使っていないためか、香りがほどよくほんのりとわかる程度です。

おすすめの分量である、お酢を5mlに対して、水を20mlで作ると、このくらいの量になります。
一口で飲める分量のため、こんな量でいいの?と少し疑問に感じてしまう程です。

原液は、少しとろみがあり、とても濃厚な印象を受けます。
ドリンクとして飲みたい方は、もっと薄めるといいと思います。

見た目は、しっかりとブルーベリーの色が付いていて、一切透き通っていません。

 

飲んでみた感想

「お酢 : 水 = 1 : 4」で作った、贅沢ブルーベリー酢を飲んでみました。
ブルーベリーの濃厚さが口に入れたときに伝わってきます。

この果汁の濃厚さはなかなか感じることができません。
ブルーベリーの果汁の味わいで口の中が満たされます。

人工甘味料が含まれていませんが、しっかりと甘味がありました。
後味に、お酢の酸味を感じることができます。

ブルーベリーの酸っぱさと混ざり合っているため、とても飲みやすく感じました。
原液が濃厚なためか、この分量でも濃厚な味わいです。

もっと薄めて飲みやすくするのも良いですし、原液のままアイスクリームやヨーグルトなどにかけても良いので、いろいろな使い方をすることができます。
毎日、飲み続けられるように、自分の生活スタイルに合わせた使い方ができそうです。

公式サイトでのみ購入ができ、初回は半額でお得に購入できます。
【贅沢ブルーベリー酢】

 

【柑橘王国】伊予柑の飲む酢のレビュー!実際に買ってみた!

飲むお酢ドリンクの中でも人気のある「柑橘王国」シリーズ。
今回は、いろいろな味がある中から、伊予柑のレビューしていきたいと思います。

実際の飲み心地はどんな感じなのでしょうか。

柑橘王国 伊予柑の特徴

シンプルな美味しさを追求

柑橘王国の商品はシンプルな美味しさを追求しています。
果汁や果肉、果皮を煮詰めて、お酢を混ぜるだけのシンプルな作り方です。

柑橘の持つ風味が生きる製法を心がけて作られています。

 

体に優しい素材

柑橘は愛媛県産の国産を使用しています。
「ナチュラル&シンプルな美味しさ」を生み出す果実を選別して残ったもののみを使っています。

また、柑橘以外の材料も国産にするこだわりを持っています。
飲むお酢ドリンクは、人工的な成分がいろいろ入っているものが多いですが、柑橘王国は体に優しく、安心して口に運べる飲む酢です。

 

柑橘王国シリーズの種類が多い

柑橘王国は、伊予柑の他に、ゆず、青みかん、ブラッドオレンジなどがあります。
柑橘の中から一番好きな商品を選ぶことができます。

 

ギフト用としても最適

ギフト用として箱に3本や5本入った飲むドリンクセットも販売しています。
のしやメッセージカードをつけるサービスも行っています。

 

柑橘王国 伊予柑を飲んでみた!

柑橘王国 伊予柑の飲む酢が到着しました。

ダンボールの中から取り出します。
細長いビンに入っていて、おしゃれな感じがします。
見た目がいいため、ギフトとして送るのもとても良いですね。

裏面には、いろいろな情報が記載されています。
含まれている原材料は以下のようになります。
余計な成分がほとんど含んでいないため、とても体に良いことがわかります。

伊予柑果汁(愛媛県産)、果糖ブドウ糖液糖、リンゴ酢、はちみつ(国産)

薄める目安としては、「お酢 : 水 = 1 : 4」が目安のようです。
内容量は1本あたり200mlと少なめですが、薄める割合が高いので、その分長持ちします。

飲む酢 伊予柑の100gあたりの栄養成分はこのようになっています。

最初に開封する時は、まずキャップのフィルムを剥がしていきます。

キャップを開けると栓がしまっているため開けていきます。
この飲む酢は、細長いビンに入っているため、力のない女性でも片手でしっかりと抑えながら開けれます。
誰でも簡単に、こぼさず開けることができます。

今回は、希釈目安通りの「お酢 : 水 = 1 : 4」で作ってみました。
作っているときに、伊予柑の甘みがわかるかわからないか程度にほんのり香ります。

薄めてみても黄色のあざやかな色をしています。

色が透けていないのむお酢ドリンクは珍しいですね。
よく見ると果肉のようなものが見えるので、しっかりと伊予柑そのものの素材を生かしているように感じます。

 

飲んでみた感想

作ってみた飲む酢を口の中に入れると、伊予柑の甘みが広がります。
まろやかな甘みでツンとするような感覚が一切ありませんでした。

果汁100%のオレンジジュースに近い風味で、素材にこだわっているというのも納得できます。
素直においしいと感じます。

また、後味に少しお酢の酸味を感じます。
酸っぱさがあまり得意でない人にも飲みやすいと思います。

ただ、一本200mlのため、少し単価が高めかなという印象です。
1 : 4 で薄められるため、それほどコスパは悪くないですが。

200mlだけでなく560mlのサイズもあります。
気に入った場合には、こちらを買うと長持ちします。

味に関して、一切不満がないくらいの味わいでとても飲みやすいです。
とても完成度の高いお酢ドリンクでした。

→ 尾崎食品 柑橘王国 飲む酢 伊予柑 200ml

 

【ヤマモリ】ダイエット黒酢ドリンク ゴールデンキウイを飲んでみたレビュー!

ヤマモリはしょうゆやつゆ、レトルト食品などの製造や開発をしている食品メーカーです。
スーパーに売っている身近な商品がいくつもあります。

そんな食品メーカーから、飲んで黒酢を摂取する「黒酢ドリンクシリーズ」が販売されています。
その中でも今回は、ゴールデンキウイをレビューしていきます。

ダイエット黒酢ドリンク ゴールデンキウイの特徴

玄米黒酢でダイエット・美容効果

玄米黒酢を使用しているため、ダイエットを始め、血液サラサラや美容効果、食欲増進などの効果があります。
特にダイエットの効果はお酢ドリンクの中でも高いのが大きな特徴です。

お酢の種類と効果についてはこちらの記事をご覧ください。
【保存版】あなたはお酢の種類と得られる効果について知っていますか?

 

キウイの豊富な栄養素

キウイは栄養素がとても高いことで知られています。
抗酸化作用が高く、肌の老化を防ぐことができます。

また、ビタミンCも多く含まれているため、うるおいのあるきれいな肌に近づける効果があります。
その他にも、お通じの改善や疲労回復などの効果もあります。

お酢と組み合わせることでより効果を引き出すことができます。

 

ダイエット黒酢ドリンクシリーズ

ヤマモリは、黒酢ドリンクをシリーズとして販売しています。
ゴールデンキウイの他に、ブルーベリー・アセロラ・ゆず・りんご、ヨーグルトなどがあります。

他のお酢ドリンクにはない味を取り揃えているのが特徴です。

 

ダイエット黒酢ドリンク ゴールデンキウイを飲んでみた!

一番お買い得に購入できたAmazonで買いました。
さすがの対応で、注文して間もなく発送されました。

中から取り出してみます。
手のひらよりもひとまわり大きいくらいの高さのビンに入っています。
かわいらしいデザインが目を引きます。

ラベルには、召し上がり方が記載されています。
おすすめの分量は「お酢 : 水 = 1 : 2」となっています。
また、水だけでなく、牛乳や炭酸水、焼酎などと組み合わせてもおいしいようです。

ダイエット黒酢ドリンク ゴールデンキウイに入っている原材料は以下のようになります。

米黒酢、果糖ぶどう糖液糖、ガラクトオリゴ糖、濃縮キウイ果汁、香料、酸味料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース、ネオテーム)、カロチン色素

また、栄養成分の記載も載せておきます。
1本の内容量は、500mlとなります。

このお酢ドリンクは、3倍希釈時の果汁は5%配合されているようです。

実際に飲む時には、まずビン上部のキャップを開けます。

最初は、栓が付いているので、慎重に開ける必要があります。
栓を開けると、ゴールデンキウイの甘い香りがしてきます。
お酢の酸味のある酸っぱい香りは全く感じないレベルです。

召し上がり方に記載されている通り「お酢 : 水 = 1 : 2」で作りました。

ゴールデンキウイらしい黄色に染まりました。
明るすぎずに色が付いていて、きれいな色をしたお酢ドリンクに感じます。

 

飲んでみた感想

口に入れたときに、ゴールデンキウイの甘さが口に広がります。
オリゴ糖も配合されているため、甘みがしっかりとある印象です。

お酢の酸味は、飲んだ後味で感じることができます。
酸っぱい香りがしない割に、酸味がわりと強めに感じました。

酸味が強いのが苦手という方には、合わない可能性があります。
甘味と酸味をしっかりと味わうことができます。

また、このお酢ドリンクは、黒酢なのに黒酢の味わいはほとんど感じずにさらっと飲むことができます。

黒酢のクセが抑えられているため、黒酢が嫌いな方でも飲めると思います。
黒酢はダイエットや美容効果が高いため、黒酢の摂取を習慣化したい方には良いお酢ドリンクだと思います。

気に入った場合には、定期購入すると5%OFFで手に入れることができます。
→ ヤマモリ ダイエット黒酢ドリンク ゴールデンキウイ 500ml

 

【ホンチョ(紅酢)ブルーベリー】飲んだ感想をレビュー!

ホンチョ(紅酢)はいろいろな種類の飲むお酢ドリンクがあります。
韓国の会社から販売されていて、人気歌手グループのKARAが宣伝している商品です。

韓国ではとても人気があり、韓国売上シェアNo.1のお酢ドリンクです。
今回は、ホンチョ(紅酢)の中でも人気のある「ブルーベリー」の飲むお酢を飲んでみました。

ホンチョ(紅酢)ブルーベリーの特徴

美容意識の高い韓国でシェアNo1の大人気

ホンチョは韓国では、とても人気がある商品です。
5人に1人が飲んでいるとも言われるくらい、普及されています。

果実を発酵させて作った美味しく飲めるように作られたお酢です。

体にやさしい

摂取しすぎると体に良くないとされる合成着色料や合成保存料、合成甘味料を一切使っていません。
さらに砂糖も使わず、体にやさしいオリゴ糖を入れています。

飲みやすさと美容健康の効果のどちらのバランスが取れたお酢ドリンクです。
また、ペットボトルなので毎日の使いやすさがあります。

美容成分も配合

お酢や果実エキスだけでなく美容成分も配合されています。
健康への効果はもちろんですが、美容効果も期待できます。

肌のうるおいをサポートするコラーゲンやヒアルロン酸が入っています。
これらの保湿成分で、体の内側から美容効果をもたらすことができます。

ホンチョ(紅酢)ブルーベリーを飲んでみた!

お買い得で購入できるAmazonで購入しました。
発送元はAmazonではなく、食卓応援隊という韓国の食品を取り扱う店舗でした。

ホンチョ(紅酢)ブルーベリーはこちらになります。
到着した商品は、まさかの韓国語で記載されていました。

ホンチョ(紅酢)ブルーベリーは、900mlと1500mlの2種類ありますが、今回は900mlの商品になります。

裏面には、日本語で商品の情報のラベルが貼られています。
入っている原材料としては、以下の通りです。

果物の成分はブルーベリーだけでなく、パイナップルやラズベリーなど6種類のエキスが入っています。

ブルーベリー酢[果実酢、果実濃縮液(パイナップル、ぶどう、いちご、ブルーベリー、ラズベリー、ざくろ)、エリスリトール、もろみ、ハイビスカス濃縮液、にんじん濃縮液]、オリゴ糖、酸味料、香料、甘味料(ステビア)、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB12

原産国はやはり韓国のようです。
栄養成分としてはこんな感じです。

この日本語のラベルをはがして、薄める割合についての記載を探してみましたが見当たりませんでした。
(韓国語だったため、読めなかっただけかもしれません。)

飲むタイミングについての記載があります。
イラストを見る限り、朝昼晩と1日3回の摂取をおすすめしているようです。

最初開けるときだけは、キャップについているフィルムを外します。

キャップは回して開けるタイプのものです。
けっこうがっちりと閉めることができます。

キャップを外すと、栓がされているのでこれも外していきます。
外す時は、案外力が必要なので気をつけて行いましょう。

栓を開けると、フワーっと酸味のあるお酢の香りがしてきます。
ベリー系の甘酸っぱい香りもほのかにしてきます。

匂いが強くないため、甘酸っぱさに癒されるような香りです。

お酢ドリンクを作るための薄める割合について書いていないので、ホンチョ(紅酢)シリーズで、味の違う「ざくろ」の記載を参考にしてみました。

シリーズが同じのため、これでほとんど問題ないと思います。
お酢の濃さが普通の「お酢 : 水 = 1 : 3」でつくってみました。

色合いはけっこう薄めの赤紫色になりました。
見た目だけだと、だいぶ薄いお酢ドリンクのように見えます。

 

飲んでみた感想

口に入れると、お酢の酸味とブルーベリーの爽やかな甘酸っぱさを感じます。
見た目だけみると薄いように見えますが、お酢の酸味を感じることができました。

甘味よりも酸味のようが若干強めの印象です。
薄める割合としては、今回の分量で問題なさそうです。

また、後味にはベリー系の甘味が残るため、次の一口も飲みやすく、あっという間に1杯を飲みほしてしまいました。

優しい味わいと強くない香りに、ジュースに近い感覚で飲むことができます。
原材料にはいろいろな成分が入っているため、本気でお酢を取ってなるべく最大限の効果を出したいという方には向いていないと思います。

ですが、飲みやすさ重視の飲むお酢ドリンクとしてとても良い商品です。

900mlと1500mlの2種類があるので、気に入った場合には1500mlを購入すると少しお得です。
また、3本せっとや6本セットで販売されているので、習慣化できたらまとめ買いするのも賢い選択となりそうです。

紅酢(ホンチョ)ブルーベリー味

 

【ホンチョ(紅酢)】ざくろの味わいは?飲んでみた感想レビュー!

ホンチョ(紅酢)はいろいろな種類の飲むお酢ドリンクがあります。
韓国の会社から販売されていて、人気歌手グループのKARAが宣伝している商品です。

今回は、ホンチョ(紅酢)の中でも「ざくろ」のお酢ドリンクを飲んでみました。

ホンチョ(紅酢)ざくろの特徴

飲みやすい味わい

ざくろは甘酸っぱい味わいが特徴ですが、苦味も含まれています。
この苦味が独特な味わいで、好みが分かれやすいです。

ホンチョのざくろのお酢ドリンクは、体に優しいオリゴ糖を使用しています。
まろやかな甘みを引き立たせることで、毎日おいしく飲める味わいに仕上げています。

健康だけでなく美容効果が高い

ざくろは昔から健康や美容にとても効果的なフルーツとして親しまれてきました。
ざくろにふくまれている抗酸化物質により、肌のエイジング効果が期待でき、老化予防できます。

ビタミンBをたっぷり含んでいるため、皮膚の粘膜や髪の毛の健康を維持する働きがあります。
美容効果だけでなく、疲労回復やダイエット効果などがあることがわかっています。

お酢の持っている健康への働きと似ているため、とても相性がいい組み合わせです。
ざくろとお酢の相乗効果で、健康のみならず、美容への効果も期待できます。

安心・安全の徹底

国際的に定められている、食品安全管理認証「HACCP(ハサップ)」を取得しています。
生産から流通までのあらゆる段階で、安全かどうか監視しています。

国際認証を取得しているのは、一つの安全な基準と言えるでしょう。

ホンチョ(紅酢)ざくろを飲んでみた!

一番安く販売しているAmazonで購入しました。
6本入りなどで販売されていて、たくさん購入すると少しお得に購入できるようです。

ホンチョ(紅酢)のざくろのお酢ドリンクです。
900mlと1500mlの2種類ありますが、今回は900mlです。

それでもけっこう高さがあるように感じました。
高さだけみると市販で売っている2Lのペットボトルよりも少し高いくらいです。

裏面には、飲む際の希釈比率の記載があります。
普通の濃さの場合は「ホンチョ : 水 = 1 : 3」のようです。

また、飲むだけでなく、他のおすすめレシピの紹介もあります。
ヨーグルトにかけたり、牛乳で割ったり、焼酎で割ったりといろいろな使い方ができそうです。

原材料はざくろだけでなく、いろいろ入っているようです。

ざくろ酢[果実濃縮液(ざくろ、パイナップル、りんご)、果実酢、エリスリトール、もろみ、にんじん濃縮液]、オリゴ糖、酸味料、香料、甘味料(ステビア)、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB12

原産国は韓国となっています。
栄養成分はこんな感じです。

それでは、早速開けていきます。
最初だけ、キャップについているフィルムをとる必要があります。

キャップはどうやら回すタイプのようです。
容器も大きいため、しっかりと開け閉めするようにしましょう。

キャップを外すと、栓がされています。
片手でホンチョの容器をしっかり押さえながらとります。

開けると、爽やかな甘みとお酢の酸味が混ざったいい香りがしてきます。
とても飲みやすそうな感じがします。

今回は、普通の「ホンチョ : 水 = 1 : 3」の割合で薄めて作りました。

色は鮮やかな赤色をしています。

飲んでみた感想

口に入れた瞬間、けっこう甘みがあり美味しい!と感じました。
爽やかなざくろの甘みとほどよい酸味でとても飲みやすいです。

お酢の酸味はそれほど強くないため、酸っぱいのがあまり得意でない方でもいけるかもしれません。

飲みやすいですが、その分ざくろの味わいは、薄めに感じます。
飲みやすさは置いておき、本格的に健康や美容の効果を少しでもあげたいという場合にはあまり向いていません。

しかし、原材料を見ると、りんごやパイナップルも入っているため、飲みやすさをキープしながらも、健康や美容の効果も発揮できるように工夫されているようです。

これなら、毎日おいしくお酢をとることができ、習慣化しやすいです。
また、お酢ドリンクをとりあえず試してみたいという方も、はじめやすいと思います。

900mlと1500mlの2種類あり、6本入りなどの複数購入もできます。
一気にたくさん買うほどお得なので、習慣化できた方は一度に買ってしまうのも賢い選択ですね。

紅酢(ホンチョ) ざくろ 飲むお酢 900ml